吉川赳議員パパ活

吉川赳(たける)議員のパパ活はハニートラップ「18歳女子大生に自慰行為の変態ぶり」

自民党の吉川赳議員が18歳の少女に飲酒をさせ、現金4万円を渡したなどの疑惑を報じられ話題となっています。自民党には離党届を提出したとされ、自らケジメをつけた格好の吉川議員なんですが、報道に関する説明などは一切されることなく、現在は雲隠れ状態なんですが、真実はどこにあるのでしょうか?

吉川赳(たける)議員とはどんな人物?

生年月日: 1982年4月7日 (年齢 40歳)
出生地: 静岡県 富士宮市
学歴:大東文化大学
出身校: 大東文化大学法学部、日本大学大学院国際関係研究科

妻、長女、二女の4人暮らし。

2012年の30歳の時、当時県議だった父の吉川 雄二を尊敬し、衆院選に自民党静岡5区から立候補した。介護職の経験を活かし、少子化対策や福祉政策に力を入れたいと訴えたが、当時、民主党の政調会長だった細野豪志議員に敗れたが、比例復活で初当選となった。

その後も、2014年落選、2017年落選、2019年繰り上げ当選、2021年比例当選と細野議員に負け続ける結果で、小選挙区で4連敗でなかなか勝てない現状。

 

前菅政権では、内閣府大臣政務官兼復興大臣政務官に、又岸田派に所属し、岸田総理を就任前から支えてきた人物でもあります。岸田総理からは「我が派のムードメーカー」と評され自民党の若手議員として将来活躍が期待されていた。

18歳女子大生と飲酒パパ活報道の内容とは?

週刊誌で報じられている内容は、18歳の女子大学生に飲酒させた上、現金4万円を渡したなどと報道されています。高級焼肉店で飲酒を交え食事をし、その後タクシーで高級ホテルに向かい、約1時間半ほど滞在したとの報道です。


画像元:週刊ポスト

女子大生は始め吉川議員から、バーに行くだけだからと誘われたようですが、結果はホテルに誘われたと証言。女子大生はその時に、お小遣いとして現金4万円を吉川議員から貰ったと証言しています。


画像元:週刊ポスト

さらに女子大生の証言によると、「胸を見せて」と女子大生に言うと目の前で自慰行為を見せつけてきたと話しています。何とも考え難い行動にキモいという言葉が素直に出てしまいます。

最近では、細田衆議院議長のセクハラ発言が話題となり、不信任決議案が否決されたばかり。その時、吉川議員の心境はいかがなものだったのだろうか?説明責任が問われる内容であることは間違いないようです。

報道を受けた吉川議員の反応が気になる

週刊誌の取材に対して、吉川議員は女性は20歳を超えていたと思っていたと話しており、金銭を渡したことに関しては否定しているようす。さらに一緒に食事したことは事実と話しており、ホテルの客室に行ったことは否定しています。

 

国会議員として、吉川議員に説明する気持ちはありますか?という問いに「内容によっては・・・」と何とも歯切れの悪い反応。記者の問いかけにも、ほとんど答えなかったと言われています。

 

結局、6月11日に吉川議員は「今回の件で、大変お騒がせをし、党にもご迷惑をおかけした。自民党を離党したい」と離党届を提出し、受理されたとされていますが、今後の進退を含め、早期の説明を求める声が、野党内からも相次いでいると言います。

 

疑問が残るのは、18歳と知っていて飲酒をさせたのかという問題と、年頃の娘さんが2人いる吉川議員がこの時期にこういったことをする事が、とても配慮が足りない現実に、お金を払って個室に2人でいる時点で、強い下心を感じてしまうのは不思議な事ではないでしょう。

 

どちらにせよ、パパ活という言葉だけで括ることに違和感を感じてしまいます。
4万を払うっていう行為は、何だったんだろうと疑問が残ります。
いずれにせよ会見は行う必要があるでしょう。国会議員なんですからね。

吉川議員はハニートラップに引っ掛かってしまった?


画像元:ポスト

今回の吉川議員のパパ活報道は、ハニートラップではないかと噂されています。

◎18歳女性とパパ活した吉川赳議員。ハニートラップ云々で擁護する人も居るようだけど、どれだけ誘惑されようが、判断能力のある大人がお金払って性交渉を望むのが悪いんですよ?

◎離党届を提出したということは、やっちゃったんだろうねぇ。ハニトラに引っかかったとは思うけど。 というか、そのまま議員で居続けるおつもり? 比例で当選したんだから議員辞職して議席を党に返して下さいよ。

◎記事が事実なら、吉川赳議員が全面的に悪い。 しかしながら岸田総理にダメージを与えるためにハニトラを仕掛けたのかなとも勘ぐってしまいました。 なぜ写真が撮れて、なぜ後日女子大生を見つけられたのでしょう?そもそもどうやって出会ったのだろうか? なんでこうも脇が甘いのかな。 情けない。

 

今回の報道で、ハニートラップだと擁護して同情している方もいるようですが、やはり自らの立場を考えたときに、詰めが甘いと言うのか、自業自得だと思う方が正しいのではないでしょうか。

 

すでに離党されている吉川議員ですが、比例復活の議員なので、自民党への投票数で議員の資格を得ているわけですから、自民党にも問題解決の責任があると考えておかしくないのではないでしょうか。離党したら辞職すべきだと思いますし、本人の説明を望む声に応えるのが、国会議員として筋ではないでしょうか。

吉川議員の遊び癖はハンパではなかった!

関係者の話によると、吉川議員の遊び癖はハンパではなかったと言います。
元々、お酒が強かったようで六本木や西麻布を飲み歩いていた様子。
周囲には、若い子が好きだという事を隠していなかったと言われています。

 

実際に、今回の報道の18歳の女子大生、本人に「俺、18歳に興味あるわ」などと話していたと言われています。しかし、吉川議員は18歳とは知らなかった、20歳を越えていると思っていたと証言していますが、何とも歯切れの悪い。

 

さらに吉川議員にパパ活に関して、週刊誌が取材したところ、
「個人の趣味だから、お互いが合意であるならば問題ないんじゃない?」
とパパ活に関しては、悪い事ではないという回答。

 

パパ活するのが、立場がある議員としてふさわしい行為なのかという問いかけに、
「俺に聞いてどうすんの、それ。俺が判断することじゃないでしょ。特に意見はないです。かつて他の議員さんでもそういうことはありましたけど、別に個々の判断の範疇です」
と自分はパパ活なんてやってませんし、知りませんっていうスタンス。

 

吉川議員は、過去に性暴力に反対する立場を明確にしていたこともあったようで、今回の報道に関して、国会議員としての本人の説明が気になるところです。

パパ活とはどんなもの?実態は?

少し前から聞こえてくる“パパ活”と言う言葉。実際はどんなものなのでしょうか?

調べてみると、だいたい週2くらいでパパと会って、5万から7万または10万くらいの価格設定になっているようです。金銭に余裕のある男性と、デートや食事をしてお金をもらうと言います。

 

ただ、それだけではない場合もあると言われています。
基本はパパ活の場合、食事とデートだけという子が多いようですが、大半は体の関係ありきで会う男性が多いようです。8割から9割ぐらいはそういった関係をしているようです。

 

出会いの方法は、マッチングアプリのパパ活サイトで、メッセージのやりとりをして会う方法が多いです。パパ活をする男性側は経営者の人が多く、ネット上にもたくさんのパパ活求人サイトが存在します。中には日給12万以上というサイトもありました。

 

こういったパパ活サイトで、楽してお金を貰おうとする若い女性が増えてきているようですが、トラブルも絶えないと聞きます。パパ活を選ぶといいうのは、かなりリスクがあるという事を考えておかなければいけません。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました