未分類

腹が立つ上司に歯向かったらどうなるの?従業員の教育は難しい

最近のお仕事事情に関してなんですが、パワハラ、モラハラが話題になる時代です。

僕は飲食業しか経験していませんが、確かに飲食業にもモラハラやパワハラと言われているようなものがあります。しかし、以前と比べると今の人たちは働きやすく、昔気質の人達は働きにくい環境が今の飲食業にはあります。

僕はその間で育ったような人間なので、どちらも経験してきました。

飲食業の昔と今とでは、働き方がどう違うのでしょうか?

今の飲食業と昔の飲食業との違いとは

僕が飲食業に入った時代は、まだ力で物事を教えるような人達がたくさんいた時代でした。その人達もそうやって教えられてきたのだから、口で丁寧に教える事なんて知りません。荒い言葉遣いなんて当たり前です。

そんな時代に、飲食業に入った僕は言葉遣いも悪いし、挨拶なんてしない世間知らず過ぎの人間でした。今思うと恥ずかしいですが、それがカッコイイと思っていました。

当時の飲食業は、ヤンチャな人も多く働いていましたし、今みたいに優しく指導してくれる人なんて、10人中1人か2人程度、僕にとっては周りのみんなが怖い存在でした。

毎日のように怒鳴られ、悔しい思いばかりしていたのですが、怒鳴り散らされた時に限って先輩から「おい。飲み行くぞ。」と誘いがあり、その日の怒鳴られたことはその日でおしまい、また明日から頑張るというスタイルに、とても居心地が良くなってきたんです。

今は、なかなか後輩を誘うことも難しい時代なので、コミュニケーション不足な会社も多いと聞きます。飲食業みたいな業界こそ、仕事の後のコミュニケーションはとても重要な事ではないかと思います。

昔はよく、先輩や同僚と意見の違いで喧嘩してました。しかし、喧嘩するたびに飲みに出掛けるんです。そうするとお酒を交わすことで、その日の事が循環され、また明日から一緒に頑張ろうってなるんです。これは昔のやり方かもしれませんが、僕の中では先輩から教わったことです。

こんな話をすると、古い人間丸出しかと思われますが、一緒の職場で働く事はコミュニケーション作りはマストではないかと思います。それは、今も昔も変わらず大切な事なのではないかと思います。

別に、飲みに出掛けることだけがコミュニケーション作りとは言いませんが、職場以外で従業員と一緒の時間を共有することは、とても大切な事なのではないかと思います。

今の時代の子たちはそういったことを嫌がってしまう傾向なので、ひと工夫考えるのも僕たちの役目かもしれません。

職場の先輩に歯向かう行動はあり?なし?

職場の先輩に、どうしても納得のいかない怒られ方をした経験はありませんか?

飲食業に限らず、どの業種や職場でも明らかに不純な理由で、先輩や上司に怒られた経験をされた方は多いと思います。そんな時、あなたなら自分の意見を言って反発しますか?それとも言われっぱなしですか?

僕はどうしても納得のいかない理由で怒られた時には、すぐに歯向かってしまう人間だったんです。(自慢することではないのですが)先輩や上司からしたら生意気な奴だったでしょう。

今はそんな事はないのですが、当時は僕もまだ子供だったのでしょう。反発することがカッコイイと思ってました。そうするとどんな事が起こるかと言うと、完全に孤立してしまいます。

孤立してしまうと成長なんてできませんし、自分勝手に仕事して、自己満で終わるだけなんです。過去の自分に戻ってもう一度やり直したいですね。

先輩や上司に好かれる事は、とても大切な事だと思います。その為には素直さや謙虚さがとても大切ですし、自ら好かれる為の努力は必要ではないかと思います。

会社に勤めるという事は、組織に属するという事です。組織に属するという事は、自分中心でばかりでは絶対に通用しないという事です。だってそのチームの一員なんですからね。

大切なのは歯向かうのではなく、自分の意見を相手にちゃんと伝えるという事が大切なんです。そこは勘違いしてはいけませんね。

昔体質の仕事のやり方が現場から抜けない

現在も飲食業界は、昔体質の職人さんが多く働いているので、正直、頭の固い人たちが多い現場だと思います。個人的には、それが必ずしも悪い事ではないのですが、なかなか従業員の教育が難しいのが本音です。

僕もそうなんですが、どうしても仕事始めた時に先輩などに教えてもらった環境が身についているので、そういった教育の仕方になるのが事実です。

そうすると、最近のスタッフなどに負担を与えることとなり、従業員が育たず長続きしないローテーションを繰り返すばかりで、人手不足になりやすい環境が飲食業にはあります。

若い人間が育たないと、世代交代ができずに、また昔の体質が抜けないままでそれの繰り返しが続いてしまうんですよね。いわゆる悪循環ってやつですね。

僕がそうならないためにやっていることと言えば、やはり自分の意識から変えていかないと、下の人間はついてきてはくれません。自分の意識を自分で変えることは、とても難しい事なんですが、そこには時間かけてやるべきですね。

その為に僕がやっていることと言えば、コミュニケーション作りは大切にしています。「今日はちょっと言い方強かったかなぁ・・・」「態度冷たかったかなぁ・・・」と思った日には、食事に連れて行ったり、もし相手のスタッフが乗り気がなかったら、自分から下手に出て謝ったりすることで、コミュニケーションがとれています。

自分の昔を考えると、下の子に自分から頭を下げるなんて行為はしていませんでした。しかし、それを拒んでいては、僕も成長せずに昔体質の人間のままですものね。

自分の意識を変えることで、周囲の従業員にもちゃんと思いは伝わっています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました