千葉県松戸市小1女児行方不明

南さやの家族捜索打ち切りを志願「警察は圧力に負けた」松戸女児不明

先月23日から行方が分からなくなっている、千葉県松戸市の小学1年生、南朝芽さん。今日で9日ですが、以前有力な手掛かりなく、見つかっていません。一刻も早く朝芽さんの無事を祈る家族の方々ですが、ここにきて新たな動きがあったようです。

ボランティアの方々が必死にビラなどを撒いて捜索している最中、朝芽さんのお姉さんが捜索打ち切りを志願しているという事態。さらに警察も圧力に負けたとの情報も、今回の行方不明について気になる事を調べてみました。

南朝芽の姉捜索打ち切りを志願「苦情が入ってしまっている現状」

南朝芽さんが行方不明になってから9日目、未だ朝芽さんの行方は見つかっていません。ボランティアの方々が空いた時間を利用して連日、朝芽さんの行方を捜しているようですが、朝芽さんのお姉さんから捜索の打ち切りを志願したようです。自身のTwitterにはこのような発信が。

さやの捜索に多大なお力を貸してくださっている皆さま、また心配して日々様々な声を掛けて下さっている皆さまに、まず心からの感謝を申し上げます。私共は、当初から変わらずさやというかけがえのないただ1人の家族を元気な姿で取り戻すことだけを考えて皆さまにお力を貸してほしいとお願いしました。そのようなわたし達からの呼びかけに、皆さまはご自身の生活を投げ打ってでも精一杯応えてくださっています。家族一同感謝の言葉は言い尽くせません。
今回の急な方針転換について、ご尽力頂いている皆さまにご理解いただきたいのは、まずわたし達自身でできる捜索の方向を変えてさやを探していきたいと話し合ったことです。これまで、本当に多くの方が集まって川周辺の路地も大通りも小さな茂みも、血眼になって捜索してくださりました。オープンチャットを拝見していれば、毎日途切れることなく多くの方ができる限りの力を振り絞り捜索にあたって下さっていることが痛いほどよくわかります。
この点においても、今回の決断に至った理由でござます。これだけ多くの皆さまが連日必死に街の中を捜している中でも手がかりも本人の姿も、街の中では見つかってはいない事や、必死な捜索のあまり、一般の方のお家の敷地に立ち入ってしまい、苦情が入ってしまっている現状が事実としてございます。加えて、街中の少しでも何か手がかりが見つかることを祈って皆さまに捜索の手助けを求めはじめた時から、かなり日数が経ちました。少しずつ捜索において目を向けるポイントを変えていく転換地点にいるのではないか、と考えております。
お姉さんTwitterには捜索に協力して頂いている方へのメッセージですが、捜索を諦めるという内容ではなく、今までの視点を変えて違う形で捜索していきたいという内容のものです。

 

これまで行方不明になって9日目になりますが、なかなか有力な手掛かりや目撃情報がないような状況なので、これ以上ボランティアの方々に迷惑をかけるわけにはいかないった、朝芽さんの家族の気遣いが伺えますし、こんなに手がかりがない状況なので、視点を変えてみようという決断です。

 

これまで捜索に協力してくださった方への感謝の意を述べながらも、引き続き形を変えて捜索していくというのが現在の状況です。
以前、お姉さんがインスタで呼びかけされていた情報提供を求める専用のLINEのオープンチャットの方も9月30日で閉鎖されており、現在はこのような状態に。
オープンチャットの閉鎖について、こちらのご確認よろしくお願いいたします。たくさんのご協力ありがとうございました。
本メッセージを多くの皆様にみていただくためにも、本メッセージ以降のご発信はご遠慮いただきたくよろしくお願いいたします。ご質問のある方は、公式LINEにてご質問いただけると幸いです。ご理解の程よろしくお願いいたします。
一刻も早く、朝芽さんの無事で帰ってくることを祈るばかりです。

南朝芽と小倉美咲との類似点「警察は圧力に負けた」

今回行方不明になっている南朝芽さんと、2019年キャンプ場で失踪し、今年の7月に捜索が打ち切られ、残念な結果となった小倉美咲さん。彼女たちが類似しているとネット上では話題になっています。

 

2人とも千葉県在住で、共に7歳であること。細身の体系に似た顔立ちが何とも不思議です。しかも2人が行方不明になったのは、小倉美咲さんが2019年の9月21日の秋分の日、南朝芽さんが2022年の9月23日の秋分の日。

自分だけかなぁ南朝芽ちゃんと小倉美咲ちゃんって顔が似てるって思うのは
まさか同一人物による犯行か?と思うくらい不気味な類似点の多さ。憶測にしか過ぎないのだが、事故というよりは誰かが関わっているような不自然さが目立つ。

 

行方不明になってた小倉美咲ちゃん 当時7歳千葉住み。 今回の南朝芽ちゃんも7歳千葉住み。 そして何より 2人の顔が姉妹かってくらい類似。 もしかしたら同一犯の可能性ない? 特定の子を狙ってるとか。

 

さらに、靴と靴下が不自然に見つかっていることなどから、同一犯による誘拐事件との噂も囁かれています。確かに共通点が多く、忽然と姿を消したことから、そういった憶測が生まれても仕方のないことかもしれません。

 

Twitterにはこういった気になる投稿も

南朝芽ちゃんが誘拐されていたとして、仮に小倉美咲ちゃんと同じ犯人だとするならば警察の罪は重い。犯人は検討ついているはず。圧力なんかにとらわれず、きちんと仕事をしなさい。このままだと被害者は増え続ける。

 

2019年の9月21日に小倉美咲さんは、山梨県のキャンプ場で行方不明となり、当時警察は事件と事故の両面で捜索していました。警察、消防、自衛隊、ボランティアなどのべ約1700人が捜索にあたったようですが、有力な手掛かりが見つからず2019年の10月6日には捜索が打ち切られています。
出典元:毎日新聞

 

その後、今年の4月にボランティアの捜索で子供の後頭部の一部の骨が見つかり、2年7か月ぶりに捜索が再開され、次々と人骨が見つかり、さらには当時、小倉美咲さんが身に着けていたとみられる衣服等も見つかるなど捜索は急展開しDNA鑑定の結果、悲しい結末となります。

 

しかし、死因のなどは判明しておらず、現在も事故か事件の両面で捜査が続いているようですが、もし事件であったとするならば、警察の罪は確かに重いと感じます。まだ犯人が捕まっていない状況なので、同一犯による同じような犯行も考えられるでしょう。

Twitterの投稿のような警察は圧力に負けて捜索を打ち切ったとは考えられませんが、捜索打ち切りの基準などは公表されていないので明確には分かりません。しかし、生存率が低いと感じた場合、捜索打ち切りが早いのが今までの事例です。なので圧力に負けて警察が捜索を打ち切るというような事例は今までにありません。

 

ちなみに小倉美咲さんの行方不明の捜索時、15日目で捜索は打ち切りとなりました。その場合、家族などの了承を得て、捜索を打ち切りか判断するようですが、朝芽さんが行方不明になって現在9日目。今回、警察の大掛かりな捜索はどれくらいまで続くのでしょうか。

南朝芽の母親のコメント全文「家族で出した結論」

南朝芽さんのお母さんが行方不明になって6日目にコメントを出されています。

さやが居なくなって、もう6日目です。
もしも、さやを保護して下さっている方がいらっしゃいましたら、その方にお伝えしたい事がございます。 さやの側に居てくださっているのであれば、どうか人が多い安全な場所にそっと離していただきたいです。
コンビニなどの狭い屋内ですと、さやは走り回って逃げてしまうので、例えば広めの公園や、大きめのショッピングセンターなど、他の人がさやを見つけてくれる安全な場所で、1人で離してあげてください。 ボランティアとしてお力添え頂いている方々には、街中での捜索を止め、私共家族と一緒に待っていただきたいと思っております。
保護してくださっている方がさやをお家に帰しやすい環境を、作って待ちたいと思います。 さやは、保護してくださっていた方と過ごしていた時間のことを覚えてはいても、口に出して表現することはできない子です。
少しでもはやく、さやがお家に帰れるようにそっと送り出してくだされば、私共はそれ以上何も追求するつもりはありません。 どうか、よろしくお願いいたします。
このコメントと同時にお姉さんのTwitterでは、お母さんのコメントを出した経緯などや、家族で話し合われた結論を語られています。

私共家族は、昨日新たに帽子が見つかってから全員で何度も考え、話し合い、現時点で警察の方だけでなく私共家族がさやの命を守るためにできる精一杯の結論に至りました。その結論とは、わたしたちは、どこにさやを保護して下さっている方がいる可能性に向けて、行動していきたい、という事です。なぜなら現時点で、さやが元気な姿で戻ってくる可能性があるとしたら、それはすなわち誰かと一緒にその方のお家で過ごしている場合しかないと考えているからです。
そして、その可能性にかけるとしたら、さやを保護している方がさやをそっと離してこの子を我が家に送り出して下さりやすいように、今の厳密な捜索体制でなく、隙のある環境をつくって持つ事が、私共家族ができる事ではないかと考えました。警察の方は、当初から絶えず事件と事故の両面で懸命な捜索をしてくださっています。私共家族としては、今までも多大なるお力を貸し続けて下さっている皆さまに、今までと変わらない思いで、一緒にさやをまってほしいです。
また、私共からお力添えをお願いしたいこととしては、保護して下さっている方がさやをどこの街中や商業施設にそっと置いて下さった際に、1人でもさやの顔を知っていて、警察の方に知らせて私共の元に届けることができる方を増やせるように、ビラの配布を各所で続けていく事です。こちらのビラ配りは、私共家族から直接お願して組んだチームの中の方々と取り組みを続けていきたい所存です。ご自身の職場やお知り合いに配布するためお声を掛けして下さる皆さまには、引き続きご協力をお願いし、少しでもさやを発見してくださる地域の目を増やすことにご協力いただきたいです。
家族の方も、一刻も早く朝芽さんが元気な姿で見つかる事の祈りを感じます。一日でも早く朝芽さんが無事で戻ってくることを期待しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました