妊娠・出産

つわり時期に食べれたものランキング!妊娠初期を乗り切るための必須ガイド

妊娠初期の時期に辛いつわり。急激に増加するホルモンが原因とされています。このホルモンの急激な増加が嘔吐中枢を刺激し、吐き気や嘔吐を引き起こします。

妊娠自体が体に大きな負担をかけるため、ストレスや疲労が蓄積しやすくなります。これがつわりを悪化させる要因になることがあります。食欲が湧かない時期ですが、生まれてくる子供の為にも栄養を蓄えておくことも大切です。

今回は、辛いつわりの時期に食べれて物をランキングでご紹介します。

つわり時期に食べれたものランキング!辛い時期を乗り切るものとは

1位 クラッカー
クラッカーは胃に優しく、とても食べやすいです。つわりで気持ち悪い時でも、少量ずつ食べることでエネルギー補給ができますし、特に全粒粉を使用したクラッカーは、食物繊維も豊富です。
クラッカーは軽くて消化しやすいため、胃腸が敏感なつわり中でも食べやすいですし、」胃に負担をかけず、少量でもエネルギー補給ができます。味のバリエーションも豊富なので、その時の気分で味を変えてみることもおススメです。
2位 プレーンヨーグルト
プレーンヨーグルトは胃に優しく、消化しやすい食品なので、酸味が少なく、つわり中でも食べやすいです。プレーンヨーグルトは無糖であるため、砂糖が添加されたヨーグルトに比べて低カロリーで、健康管理に適しています。
プレーンヨーグルトはカルシウムも多く含まれており、特に妊娠中はカルシウムの摂取が重要になるのでおススメの食品です。
3位 りんご・バナナ
りんごはビタミンも豊富で、栄養補給にもぴったりな果物です。食欲がない時でも食べやすいですし、水分を多く含んでいるので、つわりで水分が摂りにくい時でも、食べやすく水分補給もできます。
バナナは、エネルギー源となる炭水化物を含み、消化も良いので、つわり中でも無理なく食べられます。カリウム、ビタミンB6、ビタミンCなどの栄養素が豊富に含まれているので、これらの栄養素は妊娠中の健康をサポートしてくれます。
その他にも、さっぱりとしていて消化にも良いそうめんや、つわりの際に胃に負担をかけにくいフルーツゼリーなどもおススメです。冷たいものを食べるとつわりの症状が和らぐことがあるので、どちらとも冷やして食べるといいでしょう。
つわりが辛い時期は、自分に合った食べ物を見つけることが大切です。食べれるものを少しずつ試して、体に合ったものを選んでください。無理せず、少しずつ食べることで、体調を整えていきましょう。

コンビニで手に入るつわり対策食品!妊婦さんにおすすめのアイテム

つわり時に食べたくなるもので、手軽にコンビニでといおう方も多いかと思います。先ほど紹介したようにコンビニでもクラッカーやプレーンヨーグルト、りんご、バナナなどは購入することは簡単です。

その中でも、つわりの時期に異様に大手コンビニのサンドイッチやおにぎりを食べたくなるという話をよく聞きます。

サンドイッチでも、ハムや生チーズなどを使用したものは、あまり良くはないでしょう。コンビニ商品なので保存料や化学調味料が気になり、購入を避けている方も多いかと思います。

しかし、最近の大手コンビニの商品は殆どが食品添加物を使用していないかと思われます。その証拠に、消費期限が非常に短いのが分かります。期限切れ商品はレジで弾かれるシステムになっていますしね。

気になる方は、商品に書かれている、原材料や添加物の欄を確認して購入されることをお勧めします。

食べたいのに我慢するストレスこそが、胎児に悪影響に思われますので、母体が心身共に健康であることが最優先です。

つわりの時にパンは危険?食べれらるパンはあるの?

スーパーの大手パンメーカーのパンは、添加物がたくさん入っている可能性が高いです。よく原材料を確認する必要がありますが、妊娠中は体内に悪いものを入れたくはないので、添加物の入っているパンはお勧めしません。

どうしてもパンは食べたくなったら、小麦は国産使用で天然酵母のパンがお勧めです。もっと拘るのであれば有機国産小麦を使用して、自分で作ってみるという手もありでしょう。

ライ麦パンやサワードウなどの酸味のあるパンは、胃を刺激しやすいため、つわりの時には避けた方が良いです。これらのパンは、つわりの症状を悪化させることがあります。

微量のイースト菌で長時間発酵のパンや、ホシノ天然酵母、こだま酵母のパンであれば比較的安心かと思われます。いずれにせよ食べ過ぎには注意されてください。

つわりを和らげる食べれたもの!妊娠初期の救世主

つわりを和らげる食べ物は、人それぞれ違うと考えられます。レモン系の飴等で乗り切ったという方や、チョコレートがつわりを和らげてくれたという方など、様々なようです。

その中でも特に、梅干しやレモン系の飴等は唾液の分泌を促し、つわり独特の気持ち悪さを軽減させてくれる効果があるので、つわりを和らげてくれるものでしょう。

つわりは、空腹時に起こりやすいとされているので、少しづつでも摂取して空腹を作らない事も大切です。スポーツドリンクなどで、こまめな水分補給も忘れずに行いましょう。

つわりの症状は人それぞれで違ってくるので、もしどうしてもつわりが辛く、日常生活に支障が出る場合などは、かかりつけのお医者様に相談して、漢方などを処方されてみてもいいかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました