PAN PACIFIC COPPER 日比製煉所

玉野が生んだ銅の世界ブランド "TAMANO

パンパシフィック・カッパー株式会社 日比製煉所
イメージ
トップ > PPCグループの紹介 > 【パンパシフィック・カッパー株式会社 日比製煉所】環境への取り組み
環境への取り組み紹介
構内を緑豊かに

当所は海と山に囲まれた自然豊かな立地であり、環境美化の維持・向上のため、植樹、敷地内草木管理を行っております。 約400,000m2に及ぶ山腹においては定期的に植樹、木の剪定、清掃を行うなど、一層の緑化に努めています。

イメージ
自然エネルギーの活用へ一歩

2010年12月に所内に初めて太陽光発電を導入しました。所内南側の斜面に太陽電池パネル(縦0.6m、横0.8m)を100枚設置し、所内で使用する電力の一部(20KW)をまかなっています。今回の設備設置で、年間13〜17tの二酸化炭素(CO2)を削減できる見通しです。
さらに当所では、今後、太陽光発電設備の拡充を図っていく予定です。

イメージ
花々に彩られて

189,000m2の敷地には、緑地帯や花壇を設ける等、職場環境への取り込みにも力を注いでいます。
四季折々の花々が構内を彩ります。

イメージ
環境情報レポート

1. 当所の処分場の維持管理状況です。




地域の皆様と共に
サイトマップページ上へもどる